中学受験の算数対策について

母親の私は完全な文系ですので、小学校の勉強は教えることができても、中学受験用の算数は、自分が解けたとしても、それをよくわかるように子供に解説してやることができませんでしたし、わからないことが続くとどうしてもイライラしてしまい、我慢強く一緒に勉強することもできませんでしたので、中学受験対策のための塾に通わせることにしました

実際にやるのは非常に難しいこと

同じ目標のお友達も多いため、中学受験に対して、かなりモチベーションも高くなりましたし、算数に関しては、実は理解力が高いということもわかりました。やはり素人である親が、無理やりがんばって教えたとしても、それは必ずしもいい方向に子供を導いてやれるわけではなく、やはり中学受験のプロ、算数のプロに指導をお願いすることの意義というものを強く感じました。娘は、算数が苦手だと思い込んでいたようですが、それは母が算数が苦手だっただけで、決して娘のせいではなかったということで、父親はもともと理系の頭でしたので、実は父親にだったのでは?と夫は非常にうれしそうに塾からの成績表などを眺めていました。

質問をさせる、わかったふりを見抜く、苦手なことはなんどもやらせる、言うのは簡単ですが、実際にやるのは非常に難しいことだと痛感しております。