中学受験において算数が苦手な場合の対処について

息子は中学受験において数学等の理数系が非常に苦手で克服するのにとても時間がかかりました。息子は中学受験を受けるにあたり集団で講義する塾に通学していたのですが生徒数も多く苦手な算数の授業については、授業の速度についていくのが精いっぱいで余裕が無い状態で勉強が進んでいった事が良くなかった事もあり成績も伸び悩んでいたのです。

苦手な算数を克服するために集団塾から個別指導の塾へ変更し通い始めた所、徐々に成績も上向いていきました。特に算数は成績が低かったのですが苦手な分野を徹底的に勉強出来た事により成績が良くなっていったのです。また、周りの授業スピードに合わせず自分のペースで勉強出来る事も息子にとっては良い環境でした。

集団塾には生徒間の競争力を高めたりするメリットもありますがピンポイントで苦手は科目を克服するには個別での指導がとても良いと感じたのです。

中学受験をこれからに控えている親御さんは事前にお子さんの苦手な科目や勉強のスタイルを確認しておいて慎重に塾を検討すると良い傾向にあります。

集団塾と個別塾でそれぞれメリットがありますのでしっかり確認したうえで決めていくと良いです。子供の勉強しやすい環境を整える事が重要な要素となっています。